妖怪総合情報発信サイト
2020.10.12 » 2週間 前

臭いと妖怪


神奈川県で異臭騒ぎが断続的に発生しています。

最初は今年の6月頃に異臭を訴える通報が相次いでから、7~9月にかけて「ガスのようなにおいがする」などと異臭を訴える通報が月に1度のペースで相次いでいるそうです。

最近では10月3日に横浜市内でも同様の通報が相次ぎ、県内では6度目となりました。10月1日には横須賀市で、午後7時ごろから約45分間に「シンナーのようなにおいがする」「ゴムが焼けたようなにおいがする」などと異臭を訴える通報が相次ぎました。通報は横須賀市東部に集中しているそうです。

その後は三浦半島を北上し、菅総理の自宅に到達したといったニュースもあります。

異臭と蒲田くん

映画「シン・ゴジラ」に登場したゴジラの第2形態、通称「蒲田くん」は、エラから流れ出てくる赤い体液に放射性物質が含まれており、もの凄い悪臭を放っています。その愛称からも分かる通り、最初は東京都大田区の蒲田に上陸しました。

その後、一旦は海へ姿を消したゴジラは相模湾から再度出現し、神奈川県鎌倉市、由比ヶ浜に上陸。横浜市、川崎市を縦断して東京都へ向かい、多摩川にて自衛隊がタバ作戦にて迎え撃ちます。

その後のストーリーは映画を観ていただきたいですが、今回の異臭騒ぎとゴジラの進行ルートに重複部分があり、なおかつ上記のとおり「蒲田くん」が異臭を放っていたことから、異臭の原因はゴジラが現実に出現する前触れではないかという噂がささやかれています。

また、1923年の関東大震災、1995年の阪神淡路大震災や2011年の東日本大震災の前にも異臭騒ぎがあったことから、匂いは大地震の前兆ではないかという噂もあります。南海トラフや首都直下地震の可能性は以前から指摘されていますから、そろそろ準備はしておくにこしたことはないかもしれません。

富士山の噴火など、火山活動が関連する可能性も指摘されています。

ちなみに、地震など災害と妖怪については以下の記事を参照ください。

死臭の漂う「ぬっぺほふ」

今回の異臭騒ぎが何か後の事件につながるかどうかは分かりませんが、謎の臭いというのは昔からあるようで、臭いにまつわる妖怪も数多くいます。

ぬっぺほふ」は、のっぺらぼうの一種で、肉塊の妖怪ですが屍のような匂いがすると云われ、死者の肉が妖怪になったものと云われています。

廃寺に出てくるとされ、旅の僧が誰も住んでいない寺を見つけ、野宿するよりはましと思い泊まると、夜中に物音がして、死臭が漂ってくる。目を覚まして廊下を見ると、何者かがぼとぼとと歩いており、声を掛けても返事がない。よく見ると、肉の塊が歩いていたということです。

腐った雑巾「白うねり」

白うねり(白溶裔)」は、古い布雑巾が化けた妖怪です。台所などで、古い雑巾をほったらかしにしておくと、雨漏りの湿気や埃が積もったりして発酵し、悪臭が発生するころに、白うねりに変化します。

廃屋や空き家において、そのようなぼろ雑巾が化けることが多いようですが、夜、ひとりでに飛行して歩行者の口にまとわりつくことがあるようです。その不潔な臭いと感触で、たいていの人は気を失ってしまうと云われます。

ねずみ男の屁

ねずみ男」は、水木しげる先生の創作の妖怪ですが、その口臭や屁といった自身の身体から放つ悪臭を武器にしています。その屁をもってして、鬼太郎や吸血鬼エリート、夜道怪のような強豪妖怪ですら失神させるほどの威力を持ちます。

臭いという人間の五感に訴えて存在感を示す妖怪は、これ以外にも数多くいます。

昔、夜に明かりがない時代には、人間は嗅覚や聴覚を駆使して生き延びる必要がありました。

現代の科学では証明できない現象であっても、人間の嗅覚は、その危険を察知しているのかもしれません。

怪しい匂いには、近づかない方がよいでしょう。

画像:東宝、庵野秀明総監督「シン・ゴジラ」、水木しげる「ぬっぺほふ」、鳥山石燕『百器徒然袋』「白容裔」、東映アニメーション「ゲゲゲの鬼太郎」「ねずみ男」

参考文献:「決定版 日本妖怪大全 妖怪・あの世・神様」(水木しげる、講談社文庫)、「日本妖怪大事典」(水木しげる、村上健司、角川文庫)

文=渡辺恵士老

 

■渡邉恵士老(けいちゃん)

北海道旭川市出身。早稲田大学人間科学部卒。在野の妖怪研究家。ITコーディネータ、公認情報システム監査人(CISA)、プロジェクトマネジメントプロフェッショナル(PMP)。

現在は経営・ITコンサルティングを生業として、北海道札幌市に居住しつつ道内各地や東京などを駆け巡っているが、大学の時には民俗学・文化人類学を学んでおり、ライフワークとして妖怪の調査研究を続けている。

現在住んでいる北海道にまつわる妖怪や、ビジネス・経済にまつわる時事ニュースと絡めた妖怪の記事を執筆中。

Twitter:https://twitter.com/keishiro_w

ブログ:http://blog.livedoor.jp/meda3594/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です