妖怪総合情報発信サイト
2019.02.06 » 5か月 前

中ノ沢の雪女より愛をこめて


妖怪ちゃんねるを閲覧されている皆様、初めまして。浅間千代と申します。普段は会社員だったり、役者だったり作・演出から占いまで幅広くやっています。何者だと言われたら何者でもない、ただの忙しく生きている人間ですが時々、雪女です。

私、昨年2018年に福島県の中ノ沢温泉で雪女三姉妹の長女「お雪」として年越しさせていただいたのですが、せっかくですから雪女のお話をさせていただきましょう。

雪女は室町時代末期に「雪女をみた」という記述があったそうなので、室町時代には雪女というものはすでに存在していた者なのでしょう。共通しているのは、白装束を身にまとっている、男の精を吸い尽くして最後には殺してしまう…が故に恐ろしいが美しい存在として語られるのが多いようです。

しかし、中には子供を抱かせて、その子供がどんどん重くなり、抱いていた人が雪に埋もれて凍死…なんてお話もありますから、地域によっては雪女は様々なのかもしれません。しかし、この雪女が子供を抱いてくれと頼んだ場合の怪異から上手く逃れた場合は、宝物をくれたり、抱いていた人は怪力を身に着けたり…というお話もあるそうですから、力自慢の方は怪異へあえてチャレンジしてみてはいかがでしょう…。その宝物が金銀財宝なのか、その方が本当に欲しいものなのか…?

ちなみに雪女三姉妹は人を凍死…でも、通りすがりの人に子供を抱かせるでもなく、中ノ沢温泉で仲良く雪乞いをしてきました。三姉妹は社交的なので、雪女として地域に役立つために奮闘しております。ふふふ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です