妖怪総合情報発信サイト
2019.02.15 » 1か月 前

私たちと物の怪


妖怪チャンネルに初めて投稿させて頂く天地(あまつち)です。

この頃、常識的(先入観や固定概念)な説明で及びつかない現象に強い関心を持っていて、知識なども無いままこちらのブログのライターに応募してしまいました(´∀`)

私は剣技をしたり、主に夜中に自然科学系の本を読むのがもっぱら趣味というか習慣化してますが、
それもこれも結局は強力な真怪に出会いたいからだと思います。

心身が全く自然に剣に導かれて動けた時などは、物の怪やカミを信じられるような不思議な感覚になりますね。

意志を持った行為や思念には、必然的に不思議な力が宿るなと感じています。

動こうと思うことで手足が動いて、動く身体が自分自身なので、その延長で動く物はやっぱり自分自身と考えて良いのかな?とも思っています。

そうして生身の肉体以上の意志を顕すようになった物質を、
“妖力を持った物“と呼んでも良いのではないかと。
武具や衣装、人形(像含む)や絵などもそうなりやすいと思います。

物の怪や妖怪と呼ばれるものは、人や生物では無いのに意思や個性を持った存在を言うのかな?

無意識の思念の残像のようなものが、物の怪と呼ばれているような働きをしても私には自然な事にしか思えません。

人がその意思や個性を汲みとってその者として振る舞うのも非常に自然なことだと思うし、
私達と物の怪は、植物と動物の関係のように相関している存在なのかもしれませんね。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です